設備紹介

  • 外観
  • 待合室
  • 診察室
  • 検査室
  • 手術室
  • 入院室
  • トリミング室
  • ドッグラン


外観・駐車場 運命を感じ建物を北欧風の動物病院として改築しました。
とてもかわいい建物でとても気に入っています。
地域の動物医療のシンボルになれるよう頑張ります。運命に関してはお尋ねください。
ドッグラン 当院患者様専用の無料で利用できるドッグランです。
心臓や腎臓などに慢性病を持つワンちゃんも安心してノーリードにできます。
病院嫌いな子も少しは好きになって欲しいと思って作りました。病状や状態によってはご遠慮いただくこともあります。ご利用の際は受付にいらしてください。
受付・待合室 清潔感はもちろん、ほっと出来るような空間を目指しています。
でも、動物たちは少し緊張しています。ワンちゃんはリードを猫ちゃんはケージに入れてお待ちください。ドックランや風除室でお待ちいただくこともできますが、ドックランご使用の際は受付にお知らせくださいね。病状や状態によってはご遠慮いただくこともあります。
処置室 血液検査や糞便・尿検査などの様々な各種検査やお薬の調剤をしています。
手術前には麻酔の前処置をするスペースです。すぐに目が届くので保育器も設置され、温度管理や酸素管理の必要な重体なこの入院スペースにもなります。
診察室1 少し広めの診察室です。すぐ外はドッグランになっています。
診察室にはモニターが設置されていて、レントゲン室のモニターと連動しています。レントゲン写真の確認がすぐできるようになっています。
診察室2 窓のない診察室です。鳥さんはここで診察することになります。診察室1と同じモニターがあります。
レントゲン室 手術室の中にあります。ですので手術中レントゲン撮影が必要な時にもすぐ撮影できるようになっています。レントゲンは東芝製の動物用レントゲンで撮影し、画像はCR装置という機械で読み取りますのですぐに診察室のモニターに転送されます。鮮明な画像ですし、何より飼主さまの待ち時間が短くなることが良いことです。
手術室 麻酔が必要な手術や処置を行います。麻酔モニターや動物用の麻酔器・人工呼吸器で麻酔の維持と管理をします。怖いことを言いますが、絶対安全な麻酔はありません。ですが、できる限り安全に近づけることはできると考えています。様々な機械の力を借りながらできる限り安全・安心な手術を心掛けています。
入院室 犬 ワンちゃんの入院するお部屋です。ワンちゃんの入院ケージは6つ。お部屋の清潔さを保つためにお部屋はオールステンレス製になっています。大きな子の入院・お預かりはケージの仕切りが外れますので、ゴールデン・レトリーバーぐらいの子も楽に入院できます。入院中は安全で少しでもストレスないよう運動はドッグランで行います。もちろんお預かりの子もドッグランで運動できます。ドッグランで運動できるので当院は安全のためリードでのお散歩はしていません。
入院室 猫 猫ちゃんの入院するお部屋です。猫ちゃんの入院ケージは3つ(緊急時は6つ)。
ただでさえ緊張する入院で、ワンちゃんの声や気配を感じることは敏感な猫ちゃんにとってとてもストレスですのでお部屋は分けてお預かりします。

おすすめコンテンツ

  • しょうた動物病院では犬・猫以外にも鳥類、爬虫類、ハムスター等の小動物の診察も可能です。

    診察できる動物

  • 当院では犬のしつけ教室を実施しております。プロの訓練士が丁寧にご指導しますのでお気軽にどうぞ。

    しつけ教室開催中!

  • 当院のスタッフは根っからの動物好きばかり。ご家族とペットの目線から親身になって治療にあたります。

    スタッフ紹介